Windows 10で高速スタートアップを有効・無効にする方法

Windows 10では「高速スタートアップ」と呼ばれる機能を使って、システムを高速に起動することができます。

Windows 10の終了時にメモリやCPUの状態を保存しておき、起動を高速化する技術ですが、シャットダウン中に外付けHDD等を取り外しすると、HDDの内容が読めなくなる場合があるなど、気をつけないとトラブルが発生する場合もあります。

以下この「高速スタートアップ」の有効・無効を切り替える方法を説明します。

電源オプションで高速スタートアップを設定

Windows 10で高速スタートアップを設定するには「コントロールパネル」を使用します。

検索ボックス

検索ボックスに「control」と入力し、表示された「コントロールパネル」をクリックします。

コントロールパネル

表示されたコントロールパネルで「システムとセキュリティ」をクリックします。

電源オプション

「電源オプション」をクリックします。

電源ボタンの動作の選択

電源オプションの画面が表示されます。左にある「電源ボタンの動作の選択」をクリックします。

電源ボタンの動作の選択

電源オプションのシステム設定画面が表示されます。「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。

電源ボタンの動作の選択

隠れていた「高速スタートアップを有効にする(推奨)」チェックボックスが表示されます。

次のような説明が掲載されています:

  • 高速スタートアップを有効にする(推奨): これによりシャットダウン後のPCの起動時間が早くなります。再起動は影響を受けません。

チェックを入れると高速スタートアップが有効に、チェックを外すと高速スタートアップが無効になります。標準状態では有効ですので、何か不都合があった場合はチェックを外して無効にしましょう。

最後に「変更の保存」を押せば設定完了です。

Share